PIC開発環境2012/12/18 23:36

先日作ったPIC用ライター「PICerFT」だが、動作チェックが完了した。
結果は成功。
PIC自動検知機能は作動してくれた。

18F14K50認識

ライターだけ作っても何も出来ないので、次は開発環境を整えてみる。

PICはアセンブラで開発するのが多いみたいだけど、アセンブリ言語の習得なんて無理なんでCで開発する事にした。
PICを作ってるマイクロチップ・テクノロジーが公開している総合開発環境
「MPLAB」と、いくつかの会社が出しているCコンパイラのどれかをインストールすればいいようだ。

そこでCコンパイラは、マイクロチップ・テクノロジーが公開している
「Microchip XC8」を選んでみた。
無償版はあるんだけど、有償版と違って最適化をしてくれないみたい。
だから出来上がるHEXファイルが大きくなるし、実行スピードも遅くなるとの事。
だけど私のレベルだとそこまで大きなプログラムは組めないだろうから、これで十分だろう。

つい最近までPICのPの字もしらなかった超初心者な私。
LEDチカチカのプログラムすら組めるわけ無い。

とりあえずネットで拾ってきたLEDチカチカのコードをコピペしビルド。
HEXファイルが出来上がったんで「PICerFT」を使ってPIC18F14K50に書き込んでみると、LEDがチカ。

チカチカしてくれない・・・
まぁ、1回点滅はしてくれたんだから、プログラムの書込みは成功したんだろう。
まずはPIC18F14K50がどんなマイコンなのか勉強しないと、何も始まらないな。

PICerFT2012/12/17 23:41

Arduinoすら使いこなせてないのに、PICに興味が出てきた。
PICで遊ぶには、当然PIC用のライターが必要になってくる。

市販のPICkit3を買っておけば間違いないんだろうけど、
ちょっと試してみたいだけに\3,900は躊躇してしまう。
そこで自作ライターについて調べてみたら、PICerFTといのがあるらしい。

秋月のUSBシリアル変換モジュール[FT232RL]をメインパーツに使うみたいなので、これを持ってる私には丁度いい。

パーツ表を見てみると半分くらいしか持ってないので、他のパーツは日曜にマルツとカホパーツで購入。
PICは18F14K50を1個買ってみた。
いろいろ種類があってわからなかったので、マルツにあったPIC18Fで手ごろな値段のを選んでみた。
実はどんな機能が備わっているかも知らない。
というより、PICにどんな機能があるのか知らないレベル。

早速家に帰り、ここを頼りに組み立て。
だが、4.7kΩの抵抗を買い忘れていた事に気付く・・・
日曜はそれ以外を組み立てて、本日月曜の会社帰りに抵抗を買い、さっき組み立て完了。

PICerFT

今日は組み立てまで。
明日以降に動作チェックをしよう。